古語:

羽を並ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はね-を-なら・ぶ 【羽を並ぶ】

分類連語


「はねうちかはす」に同じ。


出典源氏物語 桐壺


「朝夕の言(こと)ぐさに、はねをならべ、枝を交はさむと契らせ給(たま)ひしに」


[訳] (桐壺帝(きりつぼのみかど)は桐壺更衣に)朝夕の口ぐせに、翼を重ね合う鳥のように寄り添い、木理(もくめ)の通じ合った枝のように仲むつまじくなろうと約束なさったのに。


臣下が協力して主君を助ける。


出典源氏物語 行幸


「はねをならぶるやうにて、朝廷(おほやけ)の御後見(うしろみ)をも仕うまつる」


[訳] 臣下が協力して主君を助けるようにして、朝廷の御補佐をお勤め申し上げる。









羽を並ぶのページへのリンク
「羽を並ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

羽を並ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




羽を並ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS