古語:

肩衣の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かた-ぎぬ 【肩衣】

名詞

上代の庶民の衣服。丈の短い袖(そで)なしの上着。


室町時代、武士が袴(はかま)とともに着用した、肩から背を覆う袖なしの上衣。江戸時代には、袴と合わせて着用し、「上下(かみしも)」といって武家の礼服となる。町家でも、年賀回り、婚礼・葬礼などのときに用いる。









肩衣のページへのリンク
「肩衣」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

肩衣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




肩衣のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS