古語:

腹鼓の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はら-つづみ 【腹鼓】

名詞

十分食べて、ふくれた腹を鼓のように打つこと。世の中が太平で、安楽なさまにもいう。


出典土佐日記 一・七


「船子(ふなこ)どもははらつづみを打ちて」


[訳] 水夫たちは腹を鼓のように打ち鳴らして。◆中国の尭(ぎよう)の治世のとき、老人が腹鼓を打ち、大地をたたいて歌い、尭の徳をたたえたという「鼓腹撃壌(こふくげきじよう)」の故事による。









腹鼓のページへのリンク
「腹鼓」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

腹鼓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




腹鼓のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS