古語:

艶やかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 艶やかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つや-やか・なり 【艶やかなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


潤いがあって美しいようすだ。


出典源氏物語 真木柱


「つややかに書い給(たま)へれど」


[訳] 潤いがあって美しいようすにお書きになっているが。


色めいた感じがする。


出典蜻蛉日記 下


「かしこまりをはなはだしう置きたれば、つややかなる事はものせざりけり」


[訳] 恐縮していることを甚だしく置いた(書いた)ので、色めいた感じがすることはしなかった。◆「やか」は接尾語。








艶やかなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

艶やかなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




艶やかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS