古語:

艶なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

えん・なり 【艶なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


しっとりと美しい。優美で風情がある。


出典源氏物語 野分


「霧のまよひは、いとえんにぞ見えける」


[訳] 霧に紛れた姿は、実にしっとりと美しく見えるのであった。


しゃれている。粋(いき)だ。


出典枕草子 三条の宮におはしますころ


「青き薄様(うすやう)をえんなる硯(すずり)の蓋(ふた)に敷きて」


[訳] 青色の薄い鳥の子紙をしゃれた硯箱の蓋に敷いて。


人の気をそそる。なまめかしい。


出典紫式部日記 寛弘五・七・中


「おほかたの空もえんなるにもてはやされて」


[訳] 一帯の空のようすも人の気をそそるような風情であるのに引き立てられて。


注意

現代語の「あでやか」の意味ではない。








艶なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

艶なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




艶なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS