古語:

蔑なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ない-が-しろ・なり 【蔑なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


人をあなどって無視する。ないがしろにする。


出典方丈記 


「福家(ふくか)の人のないがしろなる気色(けしき)を聞くにも」


[訳] 金持ちの家の人が、無視する態度なのを聞くにつけても。


無造作だ。ぞんざいだ。


出典源氏物語 末摘花


「あやしき馬に狩衣(かりぎぬ)姿の、ないがしろにて来ければ」


[訳] みすぼらしい馬に狩衣姿の、無造作な(かっこう)で来たので。◆「な(無)きがしろ(代)」のイ音便。


注意

現代語にはの意味はない。








蔑なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

蔑なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




蔑なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS