古語:

蔀の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しとみ 【蔀】

名詞

主に寝殿造りで用いる、日光を遮り、雨風をよけるために、格子の裏側に板を張った戸。ふつう、上下二枚に分かれ、下一枚は固定させ、上一枚をつり上げる「半蔀(はじとみ)」をさす。


出典蜻蛉日記 上


「明(あか)うなれば、をのこども呼びて、しとみ上げさせて見つ」


[訳] 明るくなったので、召使いの男たちを呼んで、蔀を上げさせ外を眺めた。








蔀のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

蔀のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




蔀のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS