古語:

蟠るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わだかま・る 【蟠る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


(蛇などが)とぐろを巻く。


出典宇治拾遺 四・五


「蛇(くちなは)は、板敷きの下(しも)に、柱のもとにわだかまりてあり」


[訳] 蛇は、板敷の下に、柱のもとにとぐろを巻いている。


曲がりくねる。


出典枕草子 蟻通の明神


「七曲(ななわた)にわだかまりたる玉の」


[訳] 七曲がりに曲がりくねっている玉で。


[二]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


だまし取る。着服する。


出典歌念仏 浄瑠・近松


「おのれ一旦(いつたん)主人の金子(きんす)をわだかまり」


[訳] おまえはいったん主人の金銭を着服して。◆近世語。








蟠るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

蟠るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




蟠るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS