古語:

行方も知らずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 行方も知らずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゆくへ-も-しら-・ず 【行方も知らず】

分類連語


行方も分からない。


出典源氏物語 浮舟


「ゆくへもしらずなりにしが、大将に尋ね取られにける」


[訳] 行方も分からなくなってしまった(人)が、大将(=薫)に見出だされ引き取られたのだ。


将来どういうふうになって行くのかも分からない。


出典古今集 恋二


「わが恋はゆくへもしらず果てもなし逢(あ)ふをかぎりと思ふばかりぞ」


[訳] 私の恋は、これからどういうふうになって行くのかも分からず、終わりもない。だから会っている今を極みと思うだけなのだよ。◆「ゆくへもしれず」とも。









行方も知らずのページへのリンク
「行方も知らず」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

行方も知らずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




行方も知らずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS