古語:

補陀洛の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふだらく 【補陀洛・補陀落】

名詞

インドの南海岸にあるという山。観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)が住む浄土といわれる。また観音(かんのん)の霊場をもいう。「補陀洛山(せん)」とも。◆仏教語。


参考

日本では平安時代末期より熊野(くまの)を補陀洛に擬しての熊野信仰が盛んになり、補陀洛を目ざし船出する「補陀洛渡海(とかい)」を行う者もいた。








補陀洛のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

補陀洛のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




補陀洛のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS