古語:

裲襠の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-かけ 【裲襠・打ち掛け】

名詞

「打ち掛け鎧(よろひ)」の略。朝廷の儀式のとき、武官が「束帯(そくたい)」の上に着用した服。長方形の布の中央にあいている穴に頭を入れ、胸と背にあてて着る。袖(そで)がない。舞楽の装束にも用いた。


「打ち掛け小袖(こそで)」の略。江戸時代、武家の婦人などの礼服の一つ。上着の上に、帯を付けずにはおって着用する長い小袖。








裲襠のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

裲襠のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




裲襠のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS