古語:

見すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

み・す 【見す】

[一]他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


ご覧になる。▽「見る」の尊敬語。


出典日本書紀 継体


「御諸(みもろ)が上に登り立ち我が見せば」


[訳] 御諸山の上に登り立って私がご覧になると。◇用例は自敬表現。


[二]他動詞サ行下二段活用

{語幹〈み〉}


見せる。見させる。見るようにさせる。


出典枕草子 うつくしきもの


「いとをかしげなる指(および)にとらへて、大人などにみせたる」


[訳] (幼児が塵(ちり)を)たいそう愛らしい指につまんで、大人などに見せているの。


嫁がせる。結婚させる。


出典源氏物語 若菜下


「宮仕へに次ぎては、親王(みこ)たちにこそはみせ奉らめ」


[訳] (大切にしている娘を)帝(みかど)への宮仕え(をさせるかそれ)に次いでは、親王たちに嫁がせ申し上げるのがよかろう。


占わせる。判断させる。


出典源氏物語 明石


「しのびて、よろしき日みせて」


[訳] (明石の入道は)こっそりと、(陰陽師(おんようじ)に)吉日を占わせて。



め・す 【見す・看す】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


ご覧になる。▽「見る」の尊敬語。


出典万葉集 四七九


「愛(は)しきかも皇子(みこ)の命(みこと)のあり通ひめしし活道(いくぢ)の路は荒れにけり」


[訳] まことに惜しいことだなあ。皇子様がいつもお出掛けになってご覧になった活道山の道は(今はもう)すっかり荒れはててしまったよ。


お治めになる。ご統治なさる。▽「治む」の尊敬語。


出典万葉集 一〇〇五


「やすみしし(=枕詞(まくらことば))わご大君のめし給(たま)ふ吉野の宮は」


[訳] わが天皇様がお治めになっていらっしゃる吉野の離宮は。


参考

動詞「み(見)る」の未然形に尊敬の助動詞「す」(四段活用)が付いた「みす」の変化した語。上代にだけ使用された。









見すのページへのリンク
「見す」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

見すのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




見すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS