古語:

贖ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あがな・ふ 【贖ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


「あがふ」に同じ。


「あがふ」に同じ。


出典雨月物語 吉備津の釜


「妓女(あそびもの)にふかくなじみて、遂(つひ)にあがなひ出(い)だし」


[訳] 遊女と深くなじみ合う仲となり、とうとう(その遊女を)買い取って。



あが・ふ 【贖ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


金品を代償にして罪をつぐなう。贖罪(しよくざい)する。


出典宇治拾遺 八・四


「この科(とが)は、四巻経書き、供養してあがはん」


[訳] この罪は金光明経(こんこうみようきよう)四巻を書き、供養してつぐなおう。


買い求める。


出典今昔物語集 九・三九


「銭(ぜに)十万をもってこれをあがふに」


[訳] 銭十万でこれを買い求めたが。◆上代・中古には「あかふ」。後に「あがなふ」とも。








贖ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

贖ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




贖ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS