古語:

辿るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たど・る 【辿る】

[一]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


迷いながら行く。


出典古今集 秋上


「天(あま)の河浅瀬しらなみたどりつつ渡りはてねばあけぞしにける」


[訳] 天の河の浅瀬を(=彦星は)知らないので白波の立つ所を迷いながら行ったものだから、川を渡りきらないうちに夜が明けてしまったよ。


あれこれ思案する。知ろうとする。


出典源氏物語 帚木


「幼心地に深くしもたどらず」


[訳] (小君は)子供心に深くは知ろうとしない。


[二]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


判断に迷う。途方に暮れる。


出典源氏物語 桐壺


「しばしは夢かとのみたどられしを」


[訳] しばらくの間はこれは夢ではないかとばかり途方に暮れなさったが。








辿るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

辿るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




辿るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS