古語:

込むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こ・む 【込む・籠む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


ぎっしり詰まる。混雑する。


出典紫式部日記 寛弘五・九・一一


「人げ多くこみては、いとど御心地も苦しうおはしますらむとて」


[訳] 人の気配が多く混雑しては、(中宮様も)ますますご気分が悪くていらっしゃるだろうというので。


複雑に入り組む。精巧に作られる。手間がかかる。


出典子盗人 狂言


「隅から隅までも手のこうだ能(よ)い普請ぢゃ」


[訳] 隅から隅まで手がかかったよい家の造りだ。◇「こう」はウ音便。


[二]他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


詰め込む。押し込む。


出典平家物語 三・公卿揃


「あまりに人参り集(つど)ひて、たかんなをこみ、稲麻竹葦(たうまちくゐ)のごとし」


[訳] あまりに人がたくさん参上し集まって、まるで竹の子を詰め込み、稲・麻・竹・葦が密生しているようだ。


[三]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


中に入れる。とじこめる。


出典源氏物語 若紫


「雀(すずめ)の子を犬君(いぬき)が逃がしつる。伏籠(ふせご)のうちにこめたりつるものを」


[訳] すずめの子を犬君(=童女の名)が逃がしてしまったの。伏籠の中にとじこめていたのになあ。


包み隠す。秘密にする。


出典源氏物語 蛍


「心にこめ難くて、言ひおき始めたるなり」


[訳] 心に包み隠しておくのが難しくて、書きとめ始めたのである。









込むのページへのリンク
「込む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

込むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




込むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS