古語:

道元の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

道元

分類人名


(一二〇〇~一二五三)鎌倉時代の僧。曹洞(そうとう)宗の開祖。諡(おくりな)は承陽(じようよう)大師。京都の人。比叡(ひえい)山で出家し、建仁(けんにん)寺の栄西(えいさい)・明全(みようぜん)に師事、一二二三年宋(そう)に渡り、天童寺で如浄(によじよう)から法をうけた。京都に興聖(こうしよう)寺、越前に永平(えいへい)寺を開いた。著書に『正法眼蔵(しようぼうげんぞう)』がある。









道元のページへのリンク
「道元」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

道元のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




道元のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS