古語:

酔ひ死ぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゑひ-し・ぬ 【酔ひ死ぬ】

自動詞ナ行変格活用

活用{な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね}


死にそうなほど酔(よ)う。


出典今昔物語集 二八・二


「未(いま)だ車に一度も乗らざりける者どもにて、かくぞ悲して(=悲しくの誤記か)ゑひしにたりける」


[訳] まだ一度も牛車(ぎつしや)に乗ったことがなかった者たちで、このようにつらい思いをして死にそうなほど酔ってしまったのは。








酔ひ死ぬのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

酔ひ死ぬのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




酔ひ死ぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS