古語:

鈍根なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

どん-ごん・なり 【鈍根なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


仏道修養の素質が劣っている。愚かだ。「どんこんなり」とも。


出典沙石集 二


「仏の御弟子の須利般特(しゆりはんとく)は余りにどんごんにして我が名も忘れけり」


[訳] 仏のお弟子の須利般特は度が過ぎて愚かなために自分の名さえもわすれたのであった。◆仏教語。








鈍根なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

鈍根なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




鈍根なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS