古語:

鏡の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かがみ 【鏡】

名詞

鏡。▽古くは、青銅・白銅・鉄などで作り、裏に絵模様を浮き出させた。神聖で貴重なものとして、祭具に用いたが、しだいに化粧道具となった。


反省の材料。手本。


出典万葉集 四四六五


「聞く人のかがみにせむを」


[訳] 聞く人が手本とするだろうに。◇「鑑」とも書く。









鏡のページへのリンク
「鏡」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

鏡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




鏡のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS