古語:

間無しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あひだ-な・し 【間無し】

分類連語


途切れない。絶え間がない。


出典万葉集 二七三七


「大伴の三津の白波あひだなく我あが恋こふらくを人の知らなく」


[訳] 大伴の三津(=「御津」とも書く。今の大阪市にあった港。「大伴の三津」も同じ)の白波のように絶え間なく私が恋いしたっていることを、あの人は知らないことよ。



ま-な・し 【間無し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


すき間がない。


出典万葉集 四二〇


「竹玉(たかだま)をまなく貫(ぬ)き垂(た)り」


[訳] 竹で作った玉をすき間なくいっぱいに貫いて垂らして。


絶え間がない。とぎれることがない。


出典万葉集 四〇三三


「まなき恋にそ年は経(へ)にける」


[訳] 絶え間がない恋に年月は経ってしまったことよ。


間を置かない。即座である。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「まなくもとのごとくに」


[訳] (破れた衣服を)即座にもとのように(してください)。








間無しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

間無しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




間無しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS