古語:

間近しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ま-ぢか・し 【間近し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


非常に近い。すぐそばである。


出典万葉集 五九七


「うつせみの(=枕詞(まくらことば))人目を繁(しげ)み石橋(いははし)の(=枕詞)まぢかき君に恋ひわたるかも」


[訳] 世間の人の目が多いので、すぐ近くのあなたに(会えず)恋い続けていることよ。


ごく最近だ。


出典平家物語 一・祇園精舎


「まぢかくは、六波羅(ろくはら)の入道、前(さき)の太政大臣平朝臣(たひらのあつそん)清盛(きよもり)公と申しし人のありさま」


[訳] ごく最近では、六波羅の入道、前の太政大臣平朝臣清盛公と申した人のありさま。◆「まちかし」とも。









間近しのページへのリンク
「間近し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

間近しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




間近しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS