古語:

雁の使ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かり-の-つかひ 【雁の使ひ】

分類連語


手紙。便り。「雁の玉章(たまづさ)」「雁の便(たよ)り」とも。[季語] 秋。


参考

中国で、前漢の蘇武(そぶ)が匈奴(きようど)に捕らえられたとき、雁の足に手紙をつけて都に送ったという故事による。









雁の使ひのページへのリンク
「雁の使ひ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

雁の使ひのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




雁の使ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS