古語:

集くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すだ・く 【集く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


群がり集まる。


出典新古今集 雑上


「すだきけむ昔の人は影絶えて宿もるものはありあけの月」


[訳] 群がり集まっていただろう昔の人の人影は絶えて、宿を守るのはただ有明の月だけだ。


(虫や鳥などが)鳴く。


出典雨月物語 吉備津の釜


「秋の虫の叢(くさむら)にすだくばかりの声もなし」


[訳] (吉備津(きびつ)の釜(かま)は)秋の虫が、草むらで鳴くほどの小さな音さえ立てない。








集くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

集くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




集くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS