古語:

零れ出づの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こぼれ-い・づ 【零れ出づ】

自動詞ダ行下二段活用

活用{で/で/づ/づる/づれ/でよ}


(水などが)あふれ出る。


出典源氏物語 幻


「例の涙のもろさは、ふとこぼれいでぬるもいと苦し」


[訳] 例によって涙もろさは、さっと涙があふれ出してしまうのも(源氏は)たいそう苦しい気がする。


はみ出す。


出典更級日記 鏡のかげ


「御簾(みす)ども青やかに、几張(きちやう)押し出(い)でたる下より、いろいろの衣(きぬ)こぼれいで」


[訳] 御簾が青々とかかり、几帳を(縁先に)押し出した下から、色とりどりの着物の裾(すそ)がはみ出し。








零れ出づのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

零れ出づのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




零れ出づのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS