古語:

零れ懸かるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 零れ懸かるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こぼれ-かか・る 【零れ懸かる・零れ掛かる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


(水などが)こぼれ落ちてものに降りかかる。


出典太平記 一二


「御顔にはらはらとこぼれかかりける御涙を押し拭(のご)はせ給(たま)ひて」


[訳] (菅原道真(すがわらのみちざね)は)お顔にぽろぽろとこぼれて降りかかったお涙を押しぬぐいなさって。


(髪が)垂れ下がって、顔や物にかかる。


出典源氏物語 若紫


「こぼれかかりたる髪、つやつやとめでたう見ゆ」


[訳] 垂れ下がって顔にかかった(若紫の)髪は、光沢があって美しく見える。








零れ懸かるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

零れ懸かるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




零れ懸かるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS