古語:

おほしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「おほし」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/15件中)

分類連語大部分は。出典源氏物語 柏木「陰陽師(おんやうじ)なども、おほくは、女の霊とのみ占ひ申しければ」[訳] 陰陽師(おんようじ)なども、大部分は、女の霊(が病因)であるとばかりお占いして。なりたち...
分類連語大部分は。出典源氏物語 柏木「陰陽師(おんやうじ)なども、おほくは、女の霊とのみ占ひ申しければ」[訳] 陰陽師(おんようじ)なども、大部分は、女の霊(が病因)であるとばかりお占いして。なりたち...
分類和歌出典百人一首 「心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花」出典古今集 秋下・凡河内躬恒(おほしかふちのみつね)[訳] もし折るのなら、当て推量で折ろうか。初霜がおりて、その白さのせい...
分類和歌「風吹けば落つるもみぢ葉水清み散らぬ影さへ底に見えつつ」出典古今集 秋下・凡河内躬恒(おほしかふちのみつね)[訳] 風が吹くと水面に落ちる紅葉、それに加え水が清いので、散らずにいる枝の紅葉の姿...
分類和歌「春の夜の闇(やみ)はあやなし梅の花色こそ見えね香(か)やは隠るる」出典古今集 春上・凡河内躬恒(おほしかふちのみつね)[訳] 春の夜の闇は道理に合わない。梅の花は、たしかに姿が闇に隠されて見...
分類和歌「世を捨てて山に入いる人山にてもなほ憂き時はいづちゆくらむ」出典古今集 雑下・凡河内躬恒(おほしかふちのみつね)[訳] 俗世を捨てて山に入ってしまう人は、山に住んでもまだつらいことがあった時に...
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2023 GRAS Group, Inc.RSS