古語:

世にの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「世に」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/58件中)

分類連語①世間の。②世にまたとない。この上ない。出典源氏物語 若紫「よのひがもの」[訳] 世にまたとないひねくれ者。
分類連語①世間の。②世にまたとない。この上ない。出典源氏物語 若紫「よのひがもの」[訳] 世にまたとないひねくれ者。
分類連語評判を得る。名声を得る。出典源氏物語 明石「ただ今、世になをとれる人々」[訳] 現在、世の中で名声を得ている人たちは。
分類連語評判を得る。名声を得る。出典源氏物語 明石「ただ今、世になをとれる人々」[訳] 現在、世の中で名声を得ている人たちは。
名詞気持ちがゆるむこと。心がくつろぐこと。油断。出典蜻蛉日記 上「世にこころゆるびなきなむ、わびしかりける」[訳] すこしも心のくつろぐことのないのがやりきれなかった。
名詞気持ちがゆるむこと。心がくつろぐこと。油断。出典蜻蛉日記 上「世にこころゆるびなきなむ、わびしかりける」[訳] すこしも心のくつろぐことのないのがやりきれなかった。
他動詞サ行四段活用活用{さ/し/す/す/せ/せ}工夫して考え出す。出典徒然草 一九四「世に虚言(そらごと)をかまへいだして」[訳] 世間に(向かって)うそを工夫し考え出して。
他動詞サ行四段活用活用{さ/し/す/す/せ/せ}工夫して考え出す。出典徒然草 一九四「世に虚言(そらごと)をかまへいだして」[訳] 世間に(向かって)うそを工夫し考え出して。
形容詞ク活用活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}明敏である。理解が早い。賢い。出典源氏物語 桐壺「七つになり給(たま)へば書(ふみ)始めなどせさせ給ひて、世に知らずさとうかしこくお...
形容詞ク活用活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}明敏である。理解が早い。賢い。出典源氏物語 桐壺「七つになり給(たま)へば書(ふみ)始めなどせさせ給ひて、世に知らずさとうかしこくお...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2023 GRAS Group, Inc.RSS