古語:

大鏡の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「大鏡」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/689件中)

分類文芸「歴史物語」のうち、書名に「鏡」の字が付く、『大鏡』『今鏡』『水鏡』『増鏡』の四作品のこと。
分類文芸「歴史物語」のうち、書名に「鏡」の字が付く、『大鏡』『今鏡』『水鏡』『増鏡』の四作品のこと。
分類連語家柄がよい。出典大鏡 道隆「いへたかくおはします故(け)に」[訳] 家柄がよくいらっしゃるので。
分類連語家柄がよい。出典大鏡 道隆「いへたかくおはします故(け)に」[訳] 家柄がよくいらっしゃるので。
名詞幼い子供。小童(こわらべ)。出典大鏡 序「みづからがこわらはにてありしとき」[訳] 私が幼い子供であったとき。
名詞幼い子供。小童(こわらべ)。出典大鏡 序「みづからがこわらはにてありしとき」[訳] 私が幼い子供であったとき。
名詞生まれついての癖。性癖。出典大鏡 師輔「いと色なる御こころぐせにて」[訳] たいそう色好みのご性癖で。
名詞生まれついての癖。性癖。出典大鏡 師輔「いと色なる御こころぐせにて」[訳] たいそう色好みのご性癖で。
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}軽々しい。軽率だ。出典大鏡 道長下「あはそかに申すべきにはべらず」[訳] 軽々しく申し上げるべきではありません。◆「そか」は接尾語。
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS