古語:

高市の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「高市」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~8/8件中)

分類地名①歌枕(うたまくら)。今の奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村の地。②歌枕(うたまくら)。今の京都市左京区大原の地。建礼門院が住んだ寂光院(じやつこういん)や三千...
分類地名①歌枕(うたまくら)。今の奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村の地。②歌枕(うたまくら)。今の京都市左京区大原の地。建礼門院が住んだ寂光院(じやつこういん)や三千...
名詞神の鎮座する山。「かみなびやま」「かんなびやま」とも。参考三諸(みもろ)山(今の奈良県高市郡明日香(あすか)村)と三室(みむろ)山(今の奈良県生駒(いこま)郡斑鳩(いかるが)町)が有名で、その別名...
名詞神の鎮座する山。「かみなびやま」「かんなびやま」とも。参考三諸(みもろ)山(今の奈良県高市郡明日香(あすか)村)と三室(みむろ)山(今の奈良県生駒(いこま)郡斑鳩(いかるが)町)が有名で、その別名...
分類地名歌枕(うたまくら)。今の奈良県高市(たかいち)郡明日香村を南から北に流れて大和川に注ぐ川。流路が変わりやすかったので、特に平安時代以降は無常のたとえとして用いられることが多かった。
分類地名歌枕(うたまくら)。今の奈良県高市(たかいち)郡明日香村を南から北に流れて大和川に注ぐ川。流路が変わりやすかったので、特に平安時代以降は無常のたとえとして用いられることが多かった。
分類地名今の奈良県高市(たかいち)郡明日香村とその付近の地一帯。北は大和三山でかぎられ、中央を飛鳥川が流れる。推古天皇から持統天皇までの多くの天皇が都を置き、政治・文化の中心となっていた。「飛鳥」とも...
分類地名今の奈良県高市(たかいち)郡明日香村とその付近の地一帯。北は大和三山でかぎられ、中央を飛鳥川が流れる。推古天皇から持統天皇までの多くの天皇が都を置き、政治・文化の中心となっていた。「飛鳥」とも...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS