古語:

いとの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いと

副詞

大変。非常に。▽程度がはなはだしい。


出典伊勢物語 九


「かきつばたいとおもしろく咲きたり」


[訳] かきつばたが大変きれいに咲いていた。


〔下に打消の語を伴って〕それほど。たいして。


出典源氏物語 桐壺


「いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれて時めき給(たま)ふありけり」


[訳] それほど高貴な身分ではない方で、際だって帝(みかど)のご寵愛(ちようあい)を受けて栄えていらっしゃる方があった。


注意

の用法があることを忘れないこと。



いと 【糸】

名詞

糸。


糸のように細く長いもの。柳の枝やくもの糸をたとえていう。


(弦楽器の)弦。弦楽器。









いとのページへのリンク
「いと」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いとのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いとのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS