古語:

両の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

りゃう 【両】

名詞

二つで対(つい)になっている物の双方。両方。「りゃうの袖(そで)」



-りゃう 【両】

接尾語

対(つい)になっている物を数える。「襪(したぐつ)一りゃう」。


重さの単位を表す。一般に、一両は一斤(きん)の十六分の一で、二十四銖(しゆ)。時代により変動はあるが、律令制では十匁、約三七・五グラムに当たる。「黄金(こがね)百りゃう」。


薬種(やくしゆ)などの量目の単位を表す。一両は五匁から四匁の間(=約十五グラム)。


江戸時代、貨幣の単位を表す。一両は金貨で四分(ぶ)、銀貨で四匁三分。


反物(たんもの)を数える。二反で一両。


車の台数を数える。台。「車万りゃう」



リョウ 【令・両・良・領・諒・霊】

⇒りゃう



もろ- 【諸・両】

接頭語

〔名詞に付いて〕


二つの。両方の。「もろ手」「もろ刃」。


多くの。もろもろの。「もろ人」「もろ神」。


いっしょの。共にする。「もろ涙」「もろ持ち」









両のページへのリンク
「両」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

両のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




両のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS