古語:

咎むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とが・む 【咎む】

他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


非難する。責める。


出典徒然草 一〇六


「いと腹悪(あ)しくとがめて、『こは希有(けう)の狼藉(らうぜき)かな』」


[訳] もうかんかんに怒って非難して、「これはとんでもない乱暴だな」。


気にとめる。あやしむ。


出典土佐日記 一・二一


「人の程に合はねば、とがむるなり」


[訳] (言い方が)身分に合わないので、気にとめるのである。


問いただす。尋問する。


出典枕草子 にげなきもの


「『嫌疑の者やある』ととがむ」


[訳] 「あやしい者はいるか」と問いただす。









咎むのページへのリンク
「咎む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

咎むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




咎むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS