古語:

如何なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いか・なり 【如何なり】

形容動詞ナリ活用

{(なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ)}どうだ。どのようだ。どういうわけだ。▽状態・状況・程度・理由などを疑う意を表す。


出典源氏物語 末摘花


「かかる人々の末々いかなりけむ」


[訳] このような人々の将来はどうだったのだろうか。


参考

終止形「いかなり」の使用例はほとんどなく、連用形「いかに」連体形「いかなる」などの形で使われる。「いかに」を副詞、「いかなる」を連体詞とする説もある。








如何なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

如何なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




如何なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS