古語:

孝ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

けう-・ず 【孝ず】

自動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


親孝行する。親によく従う。


出典源氏物語 常夏


「かくたまさかに逢(あ)へる親のけうぜむの心あらば」


[訳] こうしてたまに会えた親に孝行しようという気持ちがあるのならば。


死んだ親の供養をする。


出典源氏物語 夕霧


「おほやけおほやけしき作法ばかりの事をけうじたまひしに」


[訳] 形式的な(葬送の)儀式のことばかりを供養しなさったので。








孝ずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

孝ずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




孝ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS