古語:

弁の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

べん 【弁】

名詞

「太政官(だいじやうくわん)」に属する官の一つ。諸官庁・諸国との連絡係で、太政官内の文書の処理や命令の伝達を取り扱う。左右に分かれ、それぞれ大・中・小の弁がある。弁官。


出典枕草子 をのこは


「べんなどは、いとをかしき官(つかさ)に思ひたれど」


[訳] 弁官などは、とてもりっぱな官だと思っているけれど。


参考

文才があり、実務にたけ、かなり家柄の良い者が選ばれることが多い。中弁の一人が蔵人(くろうど)の頭(とう)を兼ねるのが通例で、「頭の弁」と呼ばれる。









弁のページへのリンク
「弁」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

弁のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




弁のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS