古語:

清搔きの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すが-がき 【清搔き・菅搔き】

名詞

「和琴(わごん)」の奏法の一つ。詳細は不明。


出典源氏物語 常夏


「はかなき同じすががきの音(ね)に」


[訳] 何でもないだれが弾いても同じようなすががきの音色でも。


三味線曲の一つ。歌はなく、二および三の糸だけをにぎやかにかき鳴らす。特に、江戸時代、吉原の遊女が、張り見世(みせ)(客引きのために店へ出ること)の合図に弾いたもの。


歌舞伎(かぶき)の「下座(げざ)」音楽の一つ。を用い、遊郭の場面の幕開きなどに奏する。◆「すがかき」とも。









清搔きのページへのリンク
「清搔き」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

清搔きのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




清搔きのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS