古語:

藻塩草の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もしほ-ぐさ 【藻塩草】

名詞

「藻塩」を採るための海藻。


出典源氏物語 幻


「かきつめて見るもかひなきもしほぐさ同じ雲居の煙(けぶり)とをなれ」


[訳] かき集めて見たところで何のかいもない手紙よ、亡き紫の上と同じ大空の煙となるがよい。


参考

製塩の過程で藻塩草を搔(か)き集めるところから、歌では、「搔き集(つ)む」に「書き集(つ)む」、「搔く」に「書く」をかけ、また、「書く」を導く序詞(じよことば)とすることが多い。さらに、「書き集む」にかけるところから、書き集めた手紙・随筆・詠草などをたとえてもいう。









藻塩草のページへのリンク
「藻塩草」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

藻塩草のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




藻塩草のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS