古語:

間の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あわい 【間】

⇒あはひ



あはひ 【間】

名詞

(物と物との)あいだ。すきま。


出典伊勢物語 七


「伊勢(いせ)・尾張(をはり)のあはひの海づらを行くに」


[訳] 伊勢の国(三重県)と尾張の国(愛知県の一部)のあいだの海岸を行く時に。


仲。間柄。


出典源氏物語 宿木


「いとよきあはひなればかたみにぞ思ひかはすらむ」


[訳] (二人は)とてもよい仲なので、互いに思い合っていることであろう。


組み合わせ。つりあい。色の調和。


出典源氏物語 浮舟


「濃き衣(きぬ)に紅梅の織物など、あはひをかしく着替へて居給(たま)へり」


[訳] (浮舟は)濃い紫の単衣(ひとえ)の上に紅梅襲(こうばいがさね)の織物など、つりあいも面白く着替えて座っていらっしゃる。


情勢。形勢。


出典平家物語 一一・逆櫓


「あはひ悪(あ)しければ、引くは常の習ひなり」


[訳] 形勢が悪いので、引き上げるのが普通のやり方だ。



-けん 【間】

接尾語

建物の柱と柱との間を数える語。


出典源氏物語 夕霧


「半蔀(はじとみ)四、五けんばかり上げ渡して」


[訳] 半蔀を四、五間ばかりずっと上げて。


長さの単位。ふつう、一間は六尺(=約一・八メートル)。◆「間(ま)」の音読みから。



あいだ 【間】

⇒あひだ



ま 【間】

名詞

すきま。あいだ。


出典源氏物語 野分


「春の曙(あけぼの)の霞(かすみ)のまより、おもしろきかば桜の咲き乱れたるを見る心地す」


[訳] 春の夜明けの霞の間から、みごとなかば桜が咲き乱れているのを見る心地がする。


柱と柱の間。


出典源氏物語 空蟬


「南の隅のまより、格子(かうし)叩(たた)きののしりて入(い)りぬ」


[訳] 南側の隅の柱の間から、格子を音高くたたいてはいった。


部屋。


出典枕草子 宮にはじめてまゐりたるころ


「次のまに、長炭櫃(ながすびつ)にひまなく居たる人々」


[訳] 次の部屋で、長い角火鉢のそばにすきまなく座っている女房たち。


うち。あいだ。▽連続している時間をさす。


出典土佐日記 二・一


「朝(あした)のま、雨降る」


[訳] 朝のうち、雨が降る。



あひだ 【間】

名詞

(空間的にみた)あいだ。すきま。隔たり。


出典万葉集 二四四八


「白玉のあひだ開けつつ貫(ぬ)ける緒(を)もくくり寄すればまた逢(あ)ふものを」


[訳] 白玉と白玉とのあいだをあけて通したひもも、くくり寄せると、またくっつくのだから、私たちも遠く離れても、また会えるだろう。


(時間的にみた)あいだ。期間。うち。


出典土佐日記 一・一一


「かかるあひだに、みな、夜明けて、手洗ひ、例のことどもして、昼になりぬ」


[訳] こうしているうちに、すっかり夜が明けて、手を洗い、いつものことなどをして、昼になった。


(時間的な)切れ目。絶え間。


出典万葉集 三七八五


「ほととぎすあひだしまし置け汝(な)が鳴けば吾(あ)が思(も)ふこころいたもすべなし」


[訳] ほととぎすよ、しばらく切れ目をいれて(鳴いて)くれ。おまえが鳴くと、私の物思いに沈む心がどうしようもなくなるのだよ。


仲。間柄。


出典今昔物語集 二九・五


「貞盛(さだもり)は、この僧ともとよりいみじき得意にて、いみじく親しく語らひたりけるあひだなりければ」


[訳] 貞盛は、この僧と以前からたいそう通じ合う関係で、とても親しく話し合っていた間柄であったので。


…ので。…だから。


出典平家物語 二・西光被斬


「昼は人目の繁う候ふあひだ、夜にまぎれて参って候ふ」


[訳] 昼は人目が多うございますので、夜にまぎれて参上いたしました。


参考

は形式名詞化して接続助詞のように用い、原因・理由を表す。中古には、記録体の文章にしかみられなかったが、中世以降通常の和文にも使われるようになった。



あひ 【間】

名詞

あいだ。



あい 【合い・会い・逢い・相・間】

⇒あひ









間のページへのリンク
「間」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

間のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




間のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS