古語:

よろづの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「よろづ」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/206件中)

名詞「踏歌(たふか)」の別名。◆歌曲の終わりに「よろづとせあられ(=万年に生命あれ)」とはやしながら走って退場することから。
名詞「踏歌(たふか)」の別名。◆歌曲の終わりに「よろづとせあられ(=万年に生命あれ)」とはやしながら走って退場することから。
[一]名詞①万(まん)。たくさんあること。多くの数。出典古今集 仮名序「やまと歌は、人の心を種として、よろづの言(こと)の葉とぞなれりける」[訳] 和歌は、人の心をもととして、たくさんの言...
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}別々だ。まちまちだ。出典紫式部日記 消息文「よろづのこと、人によりてことごとなり」[訳] 何事も人によってまちまちだ。
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}別々だ。まちまちだ。出典紫式部日記 消息文「よろづのこと、人によりてことごとなり」[訳] 何事も人によってまちまちだ。
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}優雅だ。優美だ。風流だ。出典世間胸算用 浮世・西鶴「よろづをきゃしゃにて暮らせし身なれども」[訳] 万事風流に暮らした身だが。
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}優雅だ。優美だ。風流だ。出典世間胸算用 浮世・西鶴「よろづをきゃしゃにて暮らせし身なれども」[訳] 万事風流に暮らした身だが。
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}優雅だ。優美だ。風流だ。出典世間胸算用 浮世・西鶴「よろづをきゃしゃにて暮らせし身なれども」[訳] 万事風流に暮らした身だが。
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2017 Weblio RSS