古語:

これやこのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > これやこのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

これやこの…

分類和歌


出典百人一首 


「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂(あふさか)の関」


出典後撰集 雑一・蟬丸(せみまる)


[訳] これがまあ、都から東国へ行く者も、都へ帰る者も、(また、)互いに知っている者も、知らない者も、ここで別れてここで出会うという、逢坂(逢う坂)の関であるなあ。


鑑賞

「逢坂の関」は、歌枕(うたまくら)。近江(おうみ)の国と山城(やましろ)の国の境にある逢坂山のふもとに置かれた関所で、京都から東国への出口にあたる、古くからの交通の要所。



これ-や-この 【此や此の・是や此の】

分類連語


これこそあの例の。これがあの。


出典後撰集 雑一


「これやこの行くも帰るも別れつつ知るも知らぬも逢坂(あふさか)の関」


[訳] ⇒これやこの…。◆「や」は係助詞。用例の歌は「小倉百人一首」では、第三句が「別れては」となる。









これやこののページへのリンク
「これやこの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

これやこののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




これやこののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS