古語:

これがまあの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > これがまあの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

これがまあ…

分類俳句


「是がまあ終(つひ)の住(す)み処(か)か雪五尺」


出典七番日記 俳文・一茶(いつさ)


[訳] 帰り住むことを決心して、漂泊の旅から戻った故郷。目の前には五尺にもなる深い雪、この雪の中の地が自分の最後のすみかとなるのかと思うと、深いため息がわいてくる。


鑑賞

五十歳の一茶がようやく定住する決意をかためて、故郷の信濃(しなの)の国柏原(かしわばら)村(=今の長野県上水内(かみみのち)郡信濃町柏原)へ帰郷した折の作。父の遺産をめぐる継母・異母弟との争いが決着しておらず、「是がまあ」という嘆声には、そうしたことも含めた複雑な感慨がこもっており、句は一見滑稽(こつけい)みもうかがえるが、一茶にとっては悲惨さが先である。季語は「雪」で、季は冬。









これがまあのページへのリンク
「これがまあ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

これがまあのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




これがまあのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS