古語:

こますの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こま・す

[一]他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


くれてやる。▽「与ふ」「やる」を卑しめていう語。


出典太平記忠臣 浄瑠


「百両の目腐り金、ほしかこまそ」


[訳] 百両のはした金、欲しければくれてやろう。◆近世の上方語。


[二]補助動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


〔多く動詞の連用形+助詞「て」の形の下に付いて〕…してやる。▽自分の意志を表す。


出典膝栗毛 滑稽


「つゝみに別条ないさかい、ゆるしてこます」


[訳] 包みに異状はないので、許してやる。◆近世の上方語。









こますのページへのリンク
「こます」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

こますのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




こますのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS