古語:

このたびはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > このたびはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

このたびは…

分類和歌


出典百人一首 


「このたびは幣(ぬさ)も取りあへず手向山(たむけやま)紅葉(もみぢ)の錦(にしき)神のまにまに」


出典古今集 羇旅・菅原道真(すがはらのみちざね)


[訳] 今度の旅はあわただしくて、道の神にささげる幣の用意もできなかった。せめて、この手向山の錦のように美しい紅葉を、神の御心のままに幣としてお受け取りください。


鑑賞

「このたび」に「この度(たび)」と「この旅」をかけ、「たむけやま」に「(幣を)手向ける」意をかけている。









このたびはのページへのリンク
「このたびは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

このたびはのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




このたびはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS