古語:

このよにしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > このよにしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

このよにし…

分類和歌


「この世にし楽しくあらば来(こ)む世には虫に鳥にも我はなりなむ」


出典万葉集 三四八・大伴旅人(おほとものたびと)


[訳] 何と言ってもこの世で楽しくあるならば、来世では虫にでも、鳥にでも、わたしはなってしまおう。


鑑賞

旅人の「讚酒歌(さけをほむるうた)」十三首の中の一首。「楽しく」とは飲酒の快楽をいう。飲酒は仏教の五戒の一つで、これを犯せば悪道におちるといわれる。それでも構わないとするところに旅人の享楽思想がうかがえる。「なむ」の「な」は、完了の助動詞「ぬ」の未然形で確述を表す。









このよにしのページへのリンク
「このよにし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

このよにしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




このよにしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS