古語:

此の世の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

この-よ 【此の世】

名詞

人の生きている世。現世。


出典徒然草 一


「いでや、このよに生まれては、願はしかるべき事こそ多かめれ」


[訳] さてさて、現世に生まれたからには、そうあってほしいと望むはずのことが多いようである。[反対語] 彼(あ)の世。


今の世。当代。現代。


出典古今集 仮名序


「貫之(つらゆき)らがこのよに同じく生まれて」


[訳] 貫之ら一同当代に生まれ合わせて。


世間。世の中。


出典枕草子 花の木ならぬは


「あすはひのき、このよに近くも見え聞こえず」


[訳] あすなろの木は世間に身近には見もせず、(あるとも)聞かない。








此の世のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

此の世のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




此の世のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS