古語:

こまとめての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > こまとめての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こまとめて…

分類和歌


「駒とめて袖(そで)うちはらふ陰もなし佐野(さの)のわたりの雪の夕暮れ」


出典新古今集 冬・藤原定家(ふぢはらのさだいへ)


[訳] 馬をとめて袖の雪を払う物陰もない。この佐野の渡し場の雪降る夕暮れ時よ。


鑑賞

「苦しくも降り来る雨か三輪(みわ)が崎狭野(さの)の渡りに家もあらなくに」(『万葉集』)〈困ったことに降ってきたにわか雨だなあ。ここ三輪の崎の狭野の渡し場には雨宿りする家もないのになあ。〉を本歌とする。本歌の「雨」を「雪」に変え、「家もあらなくに」を「袖うちはらふ陰もなし」に変えて、白一色の雪の夕暮れの優美な世界を絵画的に描いている。









こまとめてのページへのリンク
「こまとめて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

こまとめてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




こまとめてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS