古語:

止むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とど・む 【止む・留む・停む】

[一]他動詞マ行上二段活用

活用{み/み/む/むる/むれ/みよ}


とどめる。止める。


出典万葉集 八〇五


「世の事なればとどみかねつも」


[訳] この世の当然のことなので(老いることは)とどめられないよ。


[二]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


引きとめる。とどめる。抑える。制止する。


出典万葉集 三三四八


「夏麻(なつそ)びく(=枕詞(まくらことば))海上潟(うなかみがた)の沖つ州(す)に舟はとどめむ」


[訳] 海上潟の沖の州に舟をとどめよう。


中止する。やめる。


出典枕草子 説経の講師は


「にくげなるは罪や得(う)らむと覚ゆ。このことはとどむべし」


[訳] 顔の醜い僧は仏罰を受けるだろうと思う。このことは(言うのを)やめるのがよい。


あとに残す。


出典源氏物語 桐壺


「御子(みこ)をばとどめ奉りて、忍びてぞ出(い)で給(たま)ふ」


[訳] 御子を宮中にお残し申し上げて、こっそりお出掛けになる。


集中する。(注意を)向ける。


出典伊勢物語 四四


「この歌は、あるが中におもしろければ、心とどめてよまず、腹に味はひて」


[訳] この歌は、たくさんある中でも特におもしろいので、特に気持ちを集中させて、詠誦(えいず)せず、心底味わって(みるべきものであろう)。


参考

[一]は連用形の用例しか見えない。



と・む 【止む・留む・停む】

他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


(進むのを)とめる。


出典新古今集 冬


「駒(こま)とめて袖(そで)うちはらふ陰もなし」


[訳] ⇒こまとめて…。


後に残す。とどめる。


出典源氏物語 若紫


「面影は身をも離れず山桜心の限りとめてこしかど」


[訳] あの人の面影は私から離れない山桜のようだ。私の心は全部後に残して来たのだけれど。


つなぎとめる。


出典後撰集 秋中


「白露(しらつゆ)に風の吹きしく秋の野は貫(つらぬ)きとめぬ玉ぞ散りける」


[訳] ⇒しらつゆに…。


〔「心をとむ」「目をとむ」の形で〕関心をもつ。注目する。


出典源氏物語 葵


「神などは目もこそとめ給(たま)へ」


[訳] 神などが目をつけなさると大変だ。


(船を)停泊させる。(人を)宿泊させる。


出典万葉集 三六二七


「船とめて浮き寝をしつつ」


[訳] 船を停泊させてその中で寝ながら。◇「泊む」とも書く。



や・む 【止む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


おさまる。やむ。


出典土佐日記 一・一六


「風・波やまねば、なほ同じ所に泊まれり」


[訳] 風や波がおさまらないので、やはり(昨日と)同じ所に停泊している。


途中で終わる。なくなる。起こらないままで終わる。とりやめとなる。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「翁(おきな)、心地あしく、苦しき時も、この子を見れば、苦しきこともやみぬ」


[訳] (竹取の)翁は、気分が悪く、苦しいときでも、この子を見ると、苦しいこともなくなってしまう。


(病気が)なおる。(気持ちが)おさまる。


出典平家物語 三・赦文


「法皇、御憤(いきどほ)りいまだやまず」


[訳] 法皇は、お怒りがまだおさまらない。


死ぬ。死亡する。


出典源氏物語 手習


「すべて朽木(くちき)などのやうにて、人に見捨てられて、やみなむ」


[訳] なにもかも、(山奥の)枯れて腐った木などのような状態で、人に見捨てられて、死んでしまおう。


[二]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


終わらせる。とりやめる。やめる。


出典源氏物語 賢木


「遊びはみなやめて」


[訳] 管弦の会をすっかり終わらせて。


治す。


出典枕草子 さかしきもの


「かい拭(のご)ひたるやうにやめ奉りたりしかば」


[訳] きれいにふき取ったように、(病気を)治し申し上げたので。









止むのページへのリンク
「止む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

止むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




止むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS