古語:

このきどやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > このきどやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

このきどや…

分類俳句


「この木戸や鎖(じやう)のさされて冬の月」


出典猿蓑 俳諧・其角(きかく)


[訳] 冬の夜更け、錠がぴったりと閉ざされた城門の上に、寒々とした月がさえかえっている。


鑑賞

『去来抄』によると、「この木戸」と「柴(しば)の戸」、「冬の月」と「霜の月」についての優劣論が交わされた。隠者の風情を表す「柴の戸」より、城門の大きな景を表す「この木戸」のほうが、門を前に夜の空をふり仰ぐ厳しい感じがよく出るし、「冬の月」は「霜の月」よりも荒涼をより感じさせるこの場にふさわしい、と。季語は「冬の月」で、季は冬。








このきどやのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

このきどやのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




このきどやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS