古語:

ごしゃうの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ご-しゃう 【五障】

名詞

女性が生まれつき持っている五つの障害。梵天王(ぼんてんのう)・帝釈天(たいしゃくてん)・魔王・転輪聖王(てんりんじようおう)・仏の五つになれないというもの。


仏道修行の妨げとなる五つの障害。煩悩・業(ごう)・生・法・所知をさす。◆仏教語。



ご-しゃう 【後生】

名詞

死後に生まれ変わること。また、その世。来世(らいせ)。▽輪廻(りんね)の考え方に基づく語。[反対語] 前生(ぜんしやう)・今生(こんじやう)。


死後の世界での安楽。極楽に往生すること。


お願い。▽相手に無理に頼むときにいう。後生の安楽を願う意から。◆は仏教語。は近世語。









ごしゃうのページへのリンク
「ごしゃう」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ごしゃうのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ごしゃうのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS