古語:

しづかさやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > しづかさやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しづかさや…

分類俳句


「閑(しづ)かさや岩にしみ入(い)る蟬(せみ)の声」


出典奥の細道 立石寺・芭蕉(ばせう)


[訳] あたりは静寂そのものである。この静寂の中で、ただ蟬の鳴き声だけが、苔(こけ)むした岩の中へしみ通って行くように聞こえる。さながら私も静寂の中へ溶け込んでいく心持ちである。


鑑賞

初案の「山寺や石にしみつく蟬の声」から「さびしさの岩にしみ込む蟬の声」、さらに「さびしさや岩にしみ込む蟬の声」を経て、この形に定まったという。音(蟬の声)によって無音(閑かさ)を表す手法であるが、推敲(すいこう)の過程をみると、次第に静寂と蟬の声と作者の感性とが渾然(こんぜん)一体となってゆき、他に類をみない深まりが与えられたことがわかる。季語は「蟬」で、季は夏。









しづかさやのページへのリンク
「しづかさや」の関連用語
1
学研全訳古語辞典
58% 

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しづかさやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しづかさやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS